FC2ブログ
05 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

夢のつづき ~雨のち快晴~

日々の生活雑記&競馬雑記

 

日本ダービー回顧 

皆さん、おはようございます

ワンアンドオンリーの先行策。まさかの展開ではなかったんだよなぁ
今の東京で後方から直線での末脚勝負では連対が精一杯。好位~中段の内で我慢する競馬が出来て、直線も脚を伸ばせる馬が勝利にもっとも近い。
内枠に入ったワンアンドオンリーが先頭でゴールするにはこれしかないのは分かっていたんですが、あの最大の武器である末脚を捨て、もしかすると不発に終わってしまう可能性がある脚質変更をダービー本番でやってくるとは恐れ入りました
こういう思い切った騎乗こそが横典騎手の真骨頂。それに、過去レースを振り返り、好位から競馬を進めた時は末は甘くなる傾向があるのかなと感じていたのですが、今回の同馬は前半で多少掛かりながら末を伸ばしてきた。父の影響か?1戦ごとに成長している、そんな感じがしますね。


5月31日_結果
6月 1日_結果

◎イスラボニータもやっぱり素晴らしい馬ですね。先行策をとったワンアンドオンリーの標的になったのは間違いないし、内に入れようと無理した分イスラボニータは脚を使っているのだから、距離適性を考えればロスも大きかったと思える。それでも一騎打ちになった直線は差し返す根性も見せていたし、サラブレッドは勝つことが全てではありますが悲観する内容でも評価を落とす内容でもなかったと思います。

蛯名騎手の男泣きも見たかったですが。いつぞやの同着オークスを思い出す直線の追い比べ、私的には横典騎手とまた肩を組んでのインタビューでも良かったなあ


今年も日本ダービーが終わってしまいました。
毎年、ダービーが終わると祭りの後という感じで、ちょっと寂しいんですよね。
皐月賞前は混沌としていた3歳牡馬クラシックもダービー終了時点で皐月賞馬イスラボニータとダービー馬ワンアンドオンリーの2頭が抜けたようです。この2頭が世代の中心になっていくのは間違いないでしょう。特に、ワンアンドオンリーは距離延びて菊花賞の最有力となることでしょう。イスラボニータもまだまだそこを見せていない相当奥の深そうな馬です。何処を目指すのか分かりませんが、両馬ともまずは激戦のケアをして、ひと夏越してたくましく成長した姿を楽しみにしていたいと思います。

そして、今週は安田記念です。
ジャスタウェイが注目を集めるなか、主戦の福永騎手の騎乗停止。
3歳マイル王者ミッキーアイルの参戦。
武豊トーセンラー、マイルGⅠ連覇なるか!
復活のワールドエース、グランデッツァも登録していますし、府中巧者ホエールキャプチャの紅一点にも侮れません。

結構面白い、結構難しいメンバー構成です。
混戦の予想は楽しいですね。

もう少し詳しくチェックしてUPしたいと思います。


今日も既に日差しがきついです… が、頑張りましょう!

それでは、また見に来てくださいね




Category: 結果

Tag: 競馬    3連単  3連単  3連複  指数  結果  予想  ダービー  イスラボニータ 
tb 0 : cm 0   

注目!日本ダービー予想 

皆さん、こんばんは


以前、江戸川区に住んでいた頃には錦糸町WINSにはほぼ毎週通いました。建て直しする前のだったので薄汚れ、そこら中にノミ屋・コーチ屋が当たり前のように居て、あんまり環境は好くないホームグラウンドでしたね
開催に合わせて中山競馬場へもよく行きました。今は綺麗に整備されて当時の面影も無く驚いたが、"オケラ街道"といわれている畑の畦道行き来していた記憶があります。

住んでいる場所から遠いこともあって東京競馬場には数えるほどしか行けなかったが、初めての競馬場観戦は89日本ダービーでした。
各枠に3頭ずつの24頭立て。広い東京の第1コーナーでもごった返しだった記憶があります。"ダービーポジション"を取りに人馬必死に1コーナーから攻めた時代ですね。
ロングシンホニーの単勝1,000円の初馬券を握りしめて初競馬を観戦したのは何年経っても忘れられないですし、結構鮮明に思い出せるんですよね。当時はまだギャンブルすることへの罪悪感なんかもあったかなぁ。

思い出話を全部書くと長くなりそうなのでこの辺で…

さて…
前日も書いウインフルブルームの出走取消。この馬の回避は2014日本ダービーの展開を大きく変えると言っても過言ではないでしょうね。この回避によって現時点で逃げ策をしてきそうなのはエキマエでしょうか。やや外枠からですがダートで結果を残してきたエキマエが普通に競馬をしても勝てないでしょう。江田騎手ということもあって玉砕覚悟の大逃げも考えらえます。大味な展開になった時、騎手心理にも影響するし、仕掛け次第では紛れが生じることがよくあります。行った行ったにはならないと思いますが、後方からの勝負では厳しいレースになりそうなな気がするし、コースが変わってもこれまでの傾向と同じく好位~中段で自在に動け、直線もしっかり伸びれる馬が狙い目と考えています。

6月1日_予想

イスラボニータは皐月賞の後も記事にしてきたが、フジキセキのラストクロップにして最高傑作ではないかと思っている。
幻の3冠馬と言われた父に初のクラシックタイトルをプレゼントし、フジキセキ産駒で初めて2000m以上の芝GⅠを勝ったイスラボニータ。これまでの東京コースでのレースを振り返れば、危ういシーンなど無かったはず。東京以外でもハープスターに差された新潟も完全に抜け出したいつも通りのイスラボニータを抜き去った勝ち馬が強烈だっただけ。皐月賞にしてもトゥザワールドもウィンフルブルームもアジアエクスプレスも全く問題にしなかった。絶対能力が頭一つ抜きんでている印象で、過去のデータなど関係なくフジキセキ初の~をやってくれるだろう期待を込めて、また、頭で考えていた軸と指数計算した軸が一致したことから迷わず本命としました。


対抗トゥザワールド、3番手にワンアンドオンリーの印は当初逆にする予定でした。弥生賞と皐月賞の2頭の競馬を見れば、直線で切れるワンアンドオンリーが逆転可能だと感じました。
ウィンフルブルームが引っ張る展開になるのなら仕掛けどころは皐月よりも早くなるのかなと思っていたのですが、居なくなったことで前の展開が読み辛くなりました。エキマエの大逃げも想定すると紛れや展開のあやも考えられます、前述した自在性のある馬の方が有利だし、枠もワンアンドオンリーは内枠過ぎて脚質とかみ合わない気がするのでトゥザの方を上位としました。

ベルキャニオンは前走でようやく本来の競馬をしてきた。ワンアンドオンリーやハープスターのような切れ味は持っていない同馬だけに後方待機の2、3走前の競馬ではしぶとく伸びいているものの届く脚は無い。しかし、後方からしぶとく伸びてきた脚を中段からでも繰り出せるのがベルキャニオン。前走のように戸崎騎手が積極的に競馬を進めれば一発あってもおかしくない能力。脚質的にも有力馬の中では一番ロス無く勧めることが出来そう。



7000頭を超えるサラブレッドが目指す頂点とも言われる日本ダービー。
夢叶って権利を勝ち取ってきた17頭がどんなレースを見せ、どの馬が2011年産の頂点に立つのか。
凄く楽しみにしています。

それでは皆さん、年に一度の競馬の祭典。大いに楽しみましょう。
最高のダービーとなることを願っています。




Category: 競馬予想

Tag: 競馬    3連単  3連単  3連複  指数  結果  予想  ダービー  イスラボニータ 
tb 0 : cm 0   

日本ダービー展望 

皆さん、おはようございます

今日も暑そうですね……

昨夜はあまり寝苦しくエアコンの出番となったし、今日もお世話になりそうです。
まだ5月だというのに…連日の暑さが身体に堪えます…


さて…
今週はいよいよ3歳クラシックの最高峰レースといわれる日本ダービーが行われますね。
7000頭を超える2011年生まれのサラブレッドと馬に携わるホースマン達が目指す夢舞台。

今年は1冠目の皐月賞トライアルから有力候補どおしの潰しあいが少なく、各地で強い馬がしっかり結果を出して名乗りを挙げ。そのような状況で行われた皐月賞は、皐月賞と同じ舞台の弥生賞を人気で勝ち上がってきたトゥザワールドが1番人気に支持されるものの、上位8頭くらいまではどの馬が勝っても不思議でない大混戦。もう少し詳しいことは皐月賞回顧をご覧ください

注目は、6戦5勝の戦績。うち東京コース4勝、重賞3勝。と抜群の安定感を誇るイスラボニータ。当然皐月賞以上に注目も人気も集める存在となるところでしょうが、相変わらずの混戦模様。現時点で5頭くらいが上位人気してオッズも割れそうな感じですかね。皐月賞馬イスラボニータの父フジキセキが日本ダービーだけでなく、東京2400mの戦績が今ひとつなことも要因でしょうか。2000m以上の芝GⅠ勝ちとしても先日の皐月賞が初めてである。ただし、フジキセキ産の子供達は東京コースで高いパフォーマンスを見せているのは有名で、イスラボニータも3戦3勝(重賞2勝)と完璧。また、調べてみると、全体からみると主総数自体が少ないものの2100~2400m戦での勝率、連対率、複勝率は何気に高い。"幻の3冠馬"といわれたフジキセキ自身がクラシックを前に引退を余儀なくされたが、当時距離面で不安な感じは無かったように思うし、今回も言うほど不安は無いのかもしれないですね。

皐月賞やトライアル戦の伸び脚からは距離延びても走れる印象。
フジキセキ最後の産駒にして悲願のクラシックタイトルを手にし、最高傑作とも思えるイスラボニータなら、過去のデータは関係ない、幻と言われた父の称号も叶える可能性はあるかもしれませんね。(さすがに菊は長すぎですかね…


群雄割拠の牡馬クラシック。狙える馬は多いのですが、ちょっと気になるベルキャニオン。マウントシャスタ、カミノタサハラらを兄に持ちながらダービーは兄弟初挑戦。ディープ産駒らしく東京コースではキッチリ結果を残しているし、前走プリンシバルも勝ちにいっての危なげない競馬。皐月賞も敗れはしたが脚は伸ばしているし、展開・乗り方次第と思える。前走で結果を残した戸崎騎手がレッドリヴェールではなく、そのまま乗ってくれるのも魅力。皐月のような位置取りでなくもっと好位で積極的な競馬が期待できます。

2歳女王レッドリヴェールも有力な馬だと思います。単純にハープスターを物差しに相手比較するならイスラボニータと互角以上の競馬をしてもおかしくない実績があります。展開、位置取りは自在に近い。安定した脚は休み明けで後のオークス馬すら寄せ付けなかった。この舞台で好成績を収めるステイゴールド産となれば牡馬相手でも全く遜色ないどころか、頂点も狙える位置にいる馬だと思っています。


まだまだ書きたい馬はいますが、予想した時に書きたいと思います。

それでは、また見に来てくださいね

Category: 競馬雑記

Tag: 競馬    3連単  3連単  3連複  指数  結果  予想  ダービー  イスラボニータ 
tb 0 : cm 0