fc2ブログ
09 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

夢のつづき ~雨のち快晴~

日々の生活雑記&競馬雑記

 

注目!GⅠジャパンカップ_予想 

皆さん、こんばんは

豪華メンバーが集結した楽しみな大一番、ジャパンカップが目前に迫ってきました。
普段なら、もう少しオッズが動いてから予想を始めるのですが、このレースに限ってはどんな指数になるのか気になって早めに予想してしまいました
まあ、今回の条件とこれまでの実績、近走の成績などから算出した数値ですから、有馬記念などレースによっては順位も変わりますが、ほぼ思っていたような数値かなと思います。

では…
日曜日は、WIN対象5レースに東京9RキャピタルSを加えた6レースを予想しています。

11月30日_予想

注目のジャパンカップ
本命はジャスタウェイ。昨年の天皇賞秋以降の大活躍は、それまでのもどかしい競馬から、馬自身が完全に一皮剥けたものであることは間違いない。ジェンティルを4馬身置き去りにし、ドバイではブッチギリの勝利で世界にその名を知らしめ、安田記念では完全に無理と思われる位置から追いつき、一旦交わされても差し返して見せた。今回、集結した最強馬クラス馬とて、ジャスタウェイと同じ芸当ができる馬はいないのではないか。
凱旋門賞は久々の2400Mということでも注目していたが、内から進路を探しながら伸びていたところ、前に入られ大きくスピードを殺して進路変更しているように見える。その後はまた伸びてきていることを考えれば距離はもつ。
調教がイマイチと報じられているが、今週の悪い馬場ではあんなもの。入念に乗り込まれているので問題無い。世界の力を見せるに相応しい舞台で、再度素晴らしい爆発力を見せて欲しいと思います。


差のない対抗としてハープスター。この馬の切れ味は凱旋門賞においても他馬が止まって見えるほど。世界にも通用する。春の時点から書いているように、多くを語らずともとんでもない規格外だと思っているし、ジャスタウェイ、ジェンティルドンナを敵に回してもぶっちぎるほどの可能性もある馬。


▲イスラボニータは、これまで勝負どころで動かなかったことは無く、常に勝負できる位置にいて自身のもっとも得意とする戦法で直線を向けることが強みであり、ジェンティルドンナに似たタイプと思っている。今回は前走で後塵を拝したジェンティルドンナをマークしながら進めていくだろうし、主戦の蛯名騎手に戻って前走よりも高いパフォーマンスを出すことも考えられることからジェンティルドンナよりも上の評価とした。ただし、4番手ジェンティルドンナとの差は無い。
天皇賞ではスピルバーグに思いっきり差された2頭だが、あの直線一気を連続で決められるほど甘くない。
必ずと言っていいほど2頭ともに直線での見せ場はあるだろう。ハープの鬼脚、ジャスタウェイの爆発力を封じ込める可能性のある馬という評価で逆転もある3、4番手。



現役最強馬クラスのほとんどが出走することも注目ですが、ハープスターVsジェンティルドンナの女傑初対決をはじめ、イスラVsハープやジェンティルVsジャスタウェイなど因縁対決など楽しみな要素も多いですし、また、ここがラストランと噂されている馬もいますし、暮れのグランプリへと続くうえでの力関係を把握するうえでも凄く興味深いレースですね。


最高のコンディションのなか、最高のパフォーマンスのぶつかり合いを期待したいですね。
それでは、皆さんにとって最高の1日になることを願っています。

また見に来てくださいね

Category: 競馬予想

Tag: 競馬    3連単  3連単  3連複  指数  結果  予想  ジャパンカップ  ジャスタウェイ 
tb 0 : cm 0   

安田記念回顧 

皆さん、こんばんは

さっそくですが、土日予想の結果です。

6月7日_結果

6月8日_結果


日曜日に行われた安田記念、当日は雨量こそさほどではなかったようですが、前日までの豪雨で馬場は雨を含んで内側はかなり荒れていたようでした。せっかく豪華な顔ぶれが揃った戦いでしたし、出来れば良馬場で真の実力勝負を見たかったのですね。それでも、これが世界を相手にブッちぎったジャスタウェイの底力にはシビレました
馬券はグランプリボスを拾えず外したものの、なんか良いものを見たような気になりましたね。


そのジャスタウェイ、馬場の影響もあったし、着差だけ見れば辛勝でしたが、本当に物凄い馬に成長していることを改めて感じました。グランプリボスが抜け出した時の勢いや伸び脚からは、どの馬も追いつくのは厳しいと感じるほどでしたが、そこをあのインからの強襲には驚きました。ジャスタウェイ自身、道悪が得意という程ではないと思うのですが、前にいる馬を交わそうとする闘志が推進力に繋がるのか、ゴール板が分かっているかのように僅かでも前に出ようとしているように思えました。
まるで、凄い闘志を剥き出しにして鼻先でも前に出ようとした芦毛の名馬を彷彿させる走りだったと思います。世界一の称号は伊達ではない走りとともに、なぜか懐かしいタイプの泥臭さも感じられて、ますます応援したくなりました。

いずれにしても、現役馬でジャスタウェイを負かすには、よほどの好条件が揃ったうえで最高の展開、最高の走りをしないと無理かもしれないですね。この馬に流れるハーツクライの成長力はまだ底を見せていないような気もするし、本格化・覚醒から1年を経た今秋、さらに成長したジャスタウェイをどこで見れるのか、本当に楽しみなスーパーホースですね


それにしてもグランプリボスですか…
買うと来ないし、消すと来る…
つかみどころの無い個人的には少し苦手なタイプの馬ですが、あの馬場を物ともせず、馬の間をこじ開けて抜け出してきた姿は強いと感じました。いつもこんなレースをしてくれるなら安心して買えるんですけどね。GⅠ馬かつ東京マイルの走りは十分すぎる実績だったのに低評価失礼しました


3着ショウナンマイティ、前走の大阪杯での勢いは良い時のマイティに近づいている印象を受けていたが、安田記念の走りを見る限り、突如としてスランプに陥った昨秋からようやくショウナンマイティが立ち直ってきたように思います。この馬の末脚は脅威ですし、名脇役で終わるには惜しいポテンシャルを持った馬。完全復活となればまた主役級が1頭増えますが、楽しみある馬ですね。


5着に敗れたワールドエースも終いは伸びているんですけどね。同馬と同じようなポジションにいたジャスタウェイとグランプリボスが映像からは多少荒れているかなというコースを選択しながら抜け出しての叩き合い。ワールドエースは最終コーナで大外に出して伸びるが間に合わない。結果的に馬場適正の差もあるんでしょうが、消耗戦は得意そうではないように感じました。やはり良馬場での競馬で真の力を見てみたいですね。


ミッキーアイルは直線入り口付近では、まだ余力ありそうにも見えたんですが…
あの馬場で古馬数頭に厳しくマークされ、直線を向くと前走のように後続を引き付ける余裕なく早々と鞍上の手が動いたが、余力無いと判断したのか、あとは流しての16着。この馬場にしてはハイペースで引っ張っただけに最後は無理をさせなかったのだろう。せめて、良馬場での競馬ならNHKマイルのように粘りもあっただろうが、3歳春時点では子供が大人に囲まれているようなもの。少し可哀想な競馬になりましたね。ただし、持っているスピードは通用するものだったし、相変わらず二の脚は早い。体が出来上がるのはこれからですし、秋に向けて古馬と対等に渡り合える成長を期待しています。


これだけ豪華な顔ぶれといわれた安田記念も終わってみればジャスタウェイ以外の有力馬は、ワールドエースがかろうじて掲示板を確保しただけ。2頭を除いて7着までが9番人気以下での決着と大荒れの決着となりました。上位に来た人気薄の馬もGⅠ常連の実績馬ではあるものの、近走は不振であったり、現時点では勝つほどの力は無くなったかと思われていた馬達。
人気馬が苦しんだ馬場を味方に、タイムを要し後1Fが急激に落ちるレースラップの消耗戦。そこを見逃さないベテラン勢というか6歳勢。フロッグとは言わないが、さすがは往年の強者ですね。


これで春の連続GⅠもひとまず終了。あとは春のグランプリを残すだけですね。
ジャスタウェイはまだ走ったばかりで、秋には凱旋門賞プランなんて声もあるようだし、どうするかは微妙でしょうかね。
個人的には外国に行くよりも日本で頑張って欲しい気もありますがね。
でも、まずはタフな競馬をしたんですからしっかりケアして次走に備えてください。


それでは、また見に来てくださいね

Category: 結果

Tag: 競馬    3連単  3連単  3連複  指数  結果  予想  安田記念  ジャスタウェイ 
tb 0 : cm 0   

注目!安田記念予想 

皆さん、おはようございます


昨日の東京はかなりの雨量があったようですが、今日も雨予報…
かなりのメンバーが参戦してきた安田記念が行われるだけに良馬場での勝負を見たかったですが、まず回復は難しいと考えて予想をするしか無さそうですね。
時計も相当掛かっています。先週までは止まらない絶好の馬場であった内側は多少荒れてきているのか?最終コーナーでは内を避けて外に膨らむ競馬が多くなってきていますね。それでも上位に来ている馬の通り道は最内から2、3頭分そのくらいが1番伸びているようです。大外に膨らんで直線勝負は、伸び脚は良く見えるものの届かないケースが多い印象を昨日の東京芝レースからは受けました。
この馬場状態ですから、最後は間違いなく消耗戦になると思って予想をしていています。


6月8日_予想

古馬路線は先日の天皇賞でフェノーメノが復活連覇したものの、絶対的な王者不在で混沌とするなか、マイル~2000m前後を得意とする馬に力を持った古馬が多く集まってきているように感じます。

本命にしたジャスタウェイのベストは1800mとも思えるが、1600~2000mを中心に使われてきた。もともと切れ味鋭い馬ではあるが、天皇賞秋以降のパフォーマンスは圧巻で、インでもアウトでも馬混みも多少の渋った馬場も、どの位置取りをしても直線は伸びてくるし全く関係なしに動けるようになった。今回、騎手が善臣騎手に変わったことが、過去に跨った2走のイメージからも届かない心配があるのですが、現在のジャスタウェイであればその不安も掻き消してくれるかなと… 世界一といっても相手評価もよく分からないですが、ただ言えることは、ジェンティルドンナを相手にあの勝ち方が出来る馬が他にいないということですかね。


対抗にはトーセンラー。ジャスタウェイの騎手変更が気になって、当初はこの馬を本命にしようとも考えたのですが、外枠に入ってしまったこと、本来の力以上の底力を要す馬場状態になったことから2番手評価とします。それでもこの馬がマイラーとして大きなポテンシャルを持っていることは疑いようもなく、中~長距離路線でトップホースの一角として結果を出してきた力はこのメンバーに入っても上位評価に値します。あとは武豊騎手が大外枠からどう競馬を進めるか次第。ジャスタウェイをどうにかできるかは分からないが大崩れはまず考えられない。

復活を再三記事にしてきたが、現5歳世代がクラシックを戦っていた当時、間違いなくこの馬がその中心だったのではないでしょうか。そのワールドエースが復帰2戦目にして完璧な重賞勝ち。相手はそれほどではなかったにしても、取りこぼさなかったことを評価したい。当時はクラシックでは中心ではあったのだがベストは2000m以下と思っていた馬だし、ジャスタウェイも問題にしなかった当時と立場は逆転しているが、本来の力が完全に戻っていれば自らの地位を取り戻す可能性もある。


3歳マイル王者が参戦することで安田記念が大いに盛り上がっている。しかも強さを誇示してきたマイル王だからこそ興味深い。正直、NHKマイルは直線で捕まると思ったところからの粘り腰に驚いたが、これ以上の強敵と同じ舞台で戦うには厳しいかなと印象を受けたが、今回上位評価したのは馬場の影響から、昨日の芝競馬では外を通る馬が増えていたこと。展望でも書いたが、何処でも通れるのは逃げ馬の利点、一番伸びる最内から2、3頭分そのくらいの馬場を目掛けて走れればあの粘り腰と他馬がロスしてくれる分有利に働く。(イメージとして高松宮記念のエーシントップの走りでしょうか


勝負としては出来れば回復に向かって欲しいんですけどね。


昨日は旨い米沢牛を堪能したことだし、疲れ切ったとはいえ、たっぷり寝れたので…今日はいつもに増してやる気に満ちた予想なんです。(分かりづらいと思いますが^^;)

そして、WIN5は今日から最高6億ですか!始まった時から毎週買ってますが、どうせならWIN4で掛け金の半分くらい戻して欲しいくらい。キャリーオーバーもあんまり出なくなりそうですしね。

それでは、連続GⅠ最終章。
皆さんにとって最高の安田記念になることを願っています

Category: 競馬予想

Tag: 競馬    3連単  3連単  3連複  指数  結果  予想  安田記念  ジャスタウェイ 
tb 0 : cm 0