fc2ブログ
10 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

夢のつづき ~雨のち快晴~

日々の生活雑記&競馬雑記

 

8月23日_競馬予想 

皆さん、こんばんは。

少しずつ夜は涼しく感じるようになってきました。
どんなに猛暑続きでも季節は変わっていくもんですね。

夏競馬も残すところ2週。
私の出資馬には未勝利馬もいて、いよいよ正念場を迎える時期になってきました
どうにか勝ち上がって欲しいものですが、これまでのレースを振り返ると50:50でしょうか…イッツマイン。
おそらく、来週の小倉が最終戦。これまでも何頭かは未勝利で引退した出資馬がいましたが切ない時期です。


さて、今週は札幌記念GⅡが行われます。そういえば、昨年はゴールドシップとハープスターの対決にドキドキの現地観戦でした。
今年も好メンバーが揃いました。楽しみですね。
日曜日の予想は、いつもどおりWIN5対象レースです。

8月23日_予想

本命はラストインパクト。対抗はラキシスにしました。
両者とも甲乙付け難いのですが…ラストインパクトの充実ぶり、上昇度のほうが上と評価しました。
距離が長いと思った天皇賞は、インを狙った川田騎手の判断も素晴らしかったですが最速の上りで4着。
ベストの中距離に戻れば、最高のパフォーマンスを見せてくれると信じています。
出来れば、あまり後ろからでなく金鯱賞のようなイメージで乗って欲しいかなぁ。


そういえば、先週の木曜日は仙台に居たのですが、夏の甲子園決勝戦、仙台育英を応援するために駅近くのビルにも街頭テレビが設置されていて凄い盛り上がりでした。市内には何ヵ所か設置されていたようですね。特に同点に追いついた時は大歓声やハイタッチ、涙ぐむ人もいて最高潮でした。
やっぱり真剣・直向きな姿には心から感動しますね。地元じゃないのに凄く熱くなりました。なんとなく私の気持ちも洗われたような気がします。


ではでは、皆さんにとって最高の1日になることを願っています!
また見に来てくださいね

Category: 競馬予想

Tag: 競馬    3連単  3連単  3連複  指数  結果  予想  札幌記念 
tb 0 : cm 0   

札幌競馬観戦_回顧 

皆さん、こんばんは

先週末は札幌競馬場で札幌記念を観戦してきました。
事前予想もしていたのでバタバタすることなく、穏やかな天気だったこともあって指定席でのんびりと競馬を堪能出来た感じです
札幌競馬場

今では年に数えるほどしか競馬場観戦しなくなりました(出来なくなった…)が、あの開放感は、やっぱり最高ですね


馬券は序盤苦戦したものの… まあ、野球で言えば逆転サヨナラホームランって感じかな~
おかげで近くの中央市場で毛ガニとウニをお土産にできましたよ

8月23日_結果
8月24日_結果


それにしても札幌記念は希望通りの一騎打ち。勝ち負けは付きましたが、3着以下とは格の違いを見せつける内容の直線での攻防でしたから、ゴール板を駆け抜けた時は場内からも自然と両馬を讃える拍手が起こるほどでした。

勝ったハープスターは願っていた通りのレースをしてくれたと思っている。後続ににゴールドシップを置いての後方2番手で進むと、残り800m付近からのレースぶりはまさに格が違うといった感じだった。追っ付る訳でもなく、自然な加速はコーナーでも衰えることなく、直線に向けばあの驚愕の末脚を繰り出してくるのだから、普通の馬では太刀打ちできなかった。陣営は変わらないのが一番と言っていたが、私的にはトップスピードまでの動きのスムーズで早くなった気がする。いよいよ10月5日の凱旋門賞への出走となるが、休み明け初戦でこのレースが出来れば、今まで何頭もの名馬が挑戦して敗れてきた舞台で夢を叶えるのはハープスターが最も近いところにいるような気がします。楽しみでなりませんね

一方、ハープスターの後塵を拝したゴールドシップ。心配されたスタートだったが…1頭ポツンの最後方からの競馬となりました。あれは行き脚付かなかったのか?ライバルの目標になるのを嫌ったとか?まあ、予想に反したとしても想像はしていた展開ではありましたけど
それでも内容は強かった。
ハープスターと同じくらいから、こちらは気合入れての追っ付け競馬。直線を向くあたりではハープスターとともに他馬を外から飲み込んでいく。ラスト3Fではハープスターよりも早い時計をマークするものの、斤量差もあるからなかなか相手も鈍らず2着。敗れたものの現役王者の座が揺るぐ内容ではなかったんじゃないかと。むしろゴールドシップらしい初戦だったような^^;
ゴールドシップも明け叩いて次走は凱旋門賞挑戦となります。2走目が良いとかのデータは無いですが、2000mよりも2400mは歓迎だし洋芝適性も高い。陣営がどんな戦法で挑むのかはまったく読めないが、ロンシャンの舞台は場所によって競馬がガラッと変わってしまうゴールドシップだとしても凄く合いそうな感じがする。


この2頭に最強まで登りつめたジャスタウィを加えた3頭が凱旋門賞に挑戦とは豪華ですね~

凱旋門賞といえば…札幌最終日に行った社台スタリオンステーションにはディープインパクトがいました。雨降りのなかでしたが、ディープは右に歩いて行ったと思ったらまた戻ってきて、通り過ぎたと思ったらまた戻ってきて^^ 凄くサービス精神旺盛でしたね。
ディープ

ウインドインハーヘア
こちらはウインドインハーヘア



夜は鋭気を養って、旨いものを食べて、最高の競馬を見て凄く良い旅になりました。
また行きたいですなあ、札幌。
成吉思汗札幌競馬場2


それでは、また見に来てくださいね


Category: 結果

Tag: 競馬    3連単  3連単  3連複  指数  結果  予想  札幌記念  札幌 
tb 0 : cm 0   

札幌競馬_観戦してきます予想 

皆さん、こんばんは。

いよいよ待ちに待った札幌競馬場。
これから指定取るべく並ぶ予定… 
どうもTDLのアトラクション並みの行列になる予想らしいですが

てなことで、昨夜は繁華街のネオンに集中力散漫になりながら予想に勤しんだところであります……

さて…
日曜予想はもちろん札幌中心です。ですがWIN対象レースもUPいたしますね。

8月24日_札幌10番&WIN予想


凱旋門賞を目指す2頭が参戦し注目を集める札幌記念GⅡ。

宝塚記念を制し、現時点での王者ともいえるゴールドシップ。
最近はポカすることも多くなったような印象ですが、得意の舞台だけは圧倒的なパフォーマンスを見せて確実に前進してくる。
今レースの舞台となる札幌も2歳時とはいえ2戦1勝2着1回と堅実な走りを見せているし、洋芝も若干時計の掛かっているす馬場も合っていると思われる。とはいえ、宝塚記念のようにしっかりと前を見れる位置をキープするレースが理想なのだが、スタート今一つな面が出て後方からの競馬になった時、トウケイヘイローなどの強力な先行勢相手に苦戦を強いられる可能性があるとも想像できる。ただ、ステップとはいえ夢の凱旋門賞制覇を掲げる王者ですし、ここは通過点くらいの圧倒劇を期待したい。

一方、桁外れの末脚から久々に超大物を予感させるハープスター。
今年のクラシックは牡牝問わず、この馬の存在が中心となっているといっても過言ではないだろう。凱旋門賞に向かうプランも3歳牝馬ということでハンデ面でも有利だし楽しみですね。ただし、この札幌記念は桜花賞やオークスのように直線最後方から大外一気では厳しい気がしている。私的には届くか届かないかの競馬から一皮剥けた競馬を希望する。チューリップ賞のように後方からだとしても、前との離れを頭において射程圏に入れながら競馬をしていかないと、たとえ怪物であろうとも、強敵相手に常に通用する脚質ではないと思える。豪華一戦だがこの馬には大きな将来があるし、先を見越した内容を期待したい。


これから、凱旋門を目指そうという2頭がまとめて飛ぶなんてことは考えていませんが…
念のため、前走は不利ありながらも洋芝適性を見せて、調教でも好調ぶりを証明したナカヤマナイトが指数下位でも妙に気になるので切らずにおきました。

それでは人混みに行ってきます。
皆さんにとっても最高の1日となることを願っています。

また見に来てくださいね




追記:6:30
皆さん、おはようございます

指定整理券をGETして、再びホテルに戻ってきましたよ!
5時30分くらいから整理券配り始めました。早くて助かりました。
昨日のレース終了後には列が出来ていたようで、超早朝から並んでも最後の方でしたが、これでゆっくりと1日楽しめそうです

Category: 競馬予想

Tag: 競馬    3連単  3連単  3連複  指数  結果  予想  札幌記念  札幌 
tb 0 : cm 0   

8月17日_予想結果 

皆さん、こんばんは

1日お疲れ様でした。
お盆休みも昨日終わり、今日あたりから仕事だった方も多いのではないでしょうか?
毎日だと何でもないことも、長期休み明けだと億劫になりますね。増してムシムシとした暑さにやる気を削がれます。
あまり飛ばし過ぎないように徐々に慣らすように頑張りましょう

さて…
日曜日は新潟で関屋記念GⅢが行われました。

8月17日_結果

1番人気にはマイルGⅠでも実績もあるダノンシャーク。好スタートから先頭争いを尻目にじわっと下げて3番手に控える。騎手も周りを見ながら包まれない位置取り。今の新潟なら一番勝負になる最高のポジションをとれたと思う。終始楽に追走に単騎3番手で追走するとジワリジワリと加速を付けて直線を向く。仕掛けは遅らせながら先頭を交わし追い出すと内からサトノギャラント、外からクラレントが並び掛けててくる。一瞬2頭に交わされるかと思ったところで再加速してサトノには抜かせない。クラレントの勢いには屈したが2着は確保。それでも、同じような位置取りの馬達が皆、馬群に飲み込まれていくなか力のあることは証明できたと思うし、トップハンデを背負った新潟でこの競馬が出来れば得意の京都ではさらに楽しみが増すような内容だったと思います。

勝ったクラレントも強い競馬だったと思う。もう少し前に行くことも予想していたが6、7番手の外を追走。前に壁も無くダノンも見える絶好のポジションだったと思う。直線ではダノンが上がり始めたところにトップスピードで迫り、粘るダノンを競り落として前に出たところがゴールであった。クラレント陣営としては、同じ舞台を目指すであろうダノンシャークに僅かながら軽い斤量、決めて生きる新潟コースで負けてはいられないと思っていただろうし、このクラスで条件が合えばしっかりと勝ちきれる力が備わっていることを改めて証明したレースだったと思います。

サトノギャラントの出負けは結構な不利に思えたが、ギュッと詰まった馬群だったことも幸いし徐々に押し上げると結果的にいつもどおりの位置取りとなった。加えて内を突いたものの前が塞がらなかったことで省エネコースを真っ直ぐに直線を駆け上がれた3着だったようにも思える。ただ、安定感はあるし次走も好走するかもしれないが、あの勢いでダノンを交わせないことの方が何となく上位との闘いになった時を思うと気になるなあ…


予想時点でよく分からなかった3歳勢。ショウナンは6着。タガノブルグはクラレントと同じような位置取りから直線序盤で脱落し大敗という結果でした。2頭とも春時点では3歳マイルの上位馬。まだ古馬上位との対戦となれば力が足りないということなのでしょうか。もう少し様子見していきたいと思います。


さあ。今週はいよいよ大注目の1戦、札幌記念GⅡです。
なんといっても注目はハープスターではないでしょうか。ゴールドシップの強さは承知していますし、参戦してきた豪華メンツも普通の3歳牝馬にどうこう出来るレベルじゃないとは思います。そんななか果敢に挑戦してきたのが普通の3歳牝馬じゃないですからね あの末脚が古馬上勢にも炸裂するのか非常に興味深い。



今週は札幌記念の現地観戦を予定しています。まずは過去レースをジックリと振り返っておこうと思います。
でもなあ…木金は仙台出張、土曜日から札幌ってちょっとハードだなあ…

ではでは、また見に来てくださいね



Category: 結果

Tag: 競馬    3連単  3連単  3連複  指数  結果  予想  ダノンシャーク  札幌記念 
tb 0 : cm 0