FC2ブログ
01 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.» 03

夢のつづき ~雨のち快晴~

日々の生活雑記&競馬雑記

 

注目!2015秋華賞_GⅠ 

こんばんは。

秋GⅠ第1弾のスプリンターズSは大本命ストレイトガール勝利で幸先良いスタートしましたが、
いよいよ今週からはGⅠ連戦が始まります。

今週は秋華賞。2歳女王やオークスの2、3着馬が不在というのは残念ですが、フルゲートの顔ぶれもなかなかの個性馬揃い。
桜の女王レッツゴードンキ、樫の女王ミッキークイーンも春からさらに力を付けて2冠の可能性も十分あります。
また、紫苑S、ローズSを勝ち、最後の1冠に挑戦してきた夏の上り馬2頭も、その前哨戦の内容から軽くは扱えない感じがします。

本日は、注目の秋華賞などWIN5対象の5鞍をUPしています。

10月18日_予想

注目の秋華賞。
本命はオークス馬ミッキークイーンにしました。このコースで大外枠は不利ともいえますが、スタートも今一つな面があるし、脚質からも逆に腹を括ってマクリ差す、思い切った走りが出来るのではないかと考えます。フルゲートですし、馬群の中にいて出てこれない事態になるよりはこの馬に合っているかな。万一、届かない結果だとしても馬券圏内を外すイメージは持てず、断然の頭で勝負。

対抗はローズSを勝ったタッチングスピーチ。嵌った感じがした前哨戦でしたが、札幌の500万と前走で目が覚めるような末脚で繰り出して勝利しており、もしかすると前走が真の姿かもしれない。前走からコンビを組んだルメール騎手が積極的に調教をつけていることもプラス材料。あの末脚が本物なら、春2冠の女王といえども飲みこむ可能性十分。

3番手に穴っぽいところでアスカビレン。こちらもキレ身上だが、位置取りは問わず先行しても後方からでも勝負できる。

他にもレッツゴードンやココロノアイなど展開1つでは面白いメンバー構成。


それでは皆さんにとって素晴らしい秋華賞になるよう願っています。
また見に来てくださいね


Category: 競馬予想

Tag: 競馬    3連単  3連単  3連複  指数  結果  予想  秋華賞 
tb 0 : cm 0   

秋華賞_回顧 

皆さん、こんばんは。

断然の1番人気に支持されたオークス馬◎ヌーヴォレコルト。前哨戦のローズSでも貫録と成長を見せつけていたし、ハープスター以外には負けて欲しくなかった7のですが…

10月18日(土)_結果
10月19日(日)_結果

◎ヌーヴォレコルトのスタートは悪くない。大逃げ宣言をしていたマイネグレヴィルをスッと抜き去ってペイシャフェリスが先頭で引っ張る展開。直後に7頭ほどの集団が追走する。中段を進む第2グループの先頭からショウナンパンドラ、タガノエトワール、そしてヌーヴォレコルトが連なって機をうかがっている。3,4コーナー中間あたりでショウナンパンドラ、タガノエトワールが先に動き出す。ヌーヴォレコルトも内を突いて徐々に前へ。しかし、直線に向くところで進路を外に変えようとした際にロスが響いたか。ヌーヴォレコルトの脇を抜群の手応えで加速していったタガノ、内をロス無く走ったショウナンとは差が開いてしまった。それでも簡単に負けないのところはさすがオークス馬。エンジンに火が点くと一気にタガノは抜き去りショウナンパンドラに迫るが、クビまで追い詰めたところがゴール板。スムーズな展開なら突き抜けたかと思う勢いでしたが…
とはいえ、強い馬だという確認は出来たレースだったと思います。もし、エリ女に出てきたら有力な1頭であることは間違いないでしょうね。

勝ったショウナンパンドラは、春は人気先行型で、まあまあキレる末脚が頼みというイメージだったが、夏を境に力を付けて、ついにはGⅠタイトルを掴むまで成長した。今回の秋華賞では勝負どころを逃さずインに潜り込むと、通り道がポッカリと開いたように見えた。運もあるが、勝負どころで反応良く動けることが、他馬に進路を邪魔されたりモタモタしてブレーキが掛かったりしない、ショウナンパンドラの強みなのでしょう。まだこの先も良くなってきそうな雰囲気あるし、マイル~中距離で相当やれそうなきがする馬です。岩田騎手もこの馬には負けたくなかったでしょうね

3着のタガノエトワールは、予想でも書いたようにハンパ無い上昇度カーブを描いている。今回も勝負どころでの反応の良さは秀逸だったし、センスの良さを感じさせる。しかし、直線の攻防では一足後れをとったヌーヴォレコルトには差されている訳だし、今後さらにもう一皮剥けると古馬との対決、また重賞戦線においても常に上位を狙える存在になれそうな気がします。

ハープスターがいたらとか言っても仕方のないことですが、いつか成長した3頭のクラシックホースが相まみえるのが楽しみですね。


さて、今週は牡馬クラシック菊花賞が行われます。いまのところワンアンドオンリーが抜けて人気しそうな感じですね。続くのはトゥザワールドでしょうか。前哨戦の神戸新聞杯を辛勝とみるか底力をとるか微妙ですが、勝ちにいって負けなかったことはさすがと評価したいですね。
一方のトゥザワールドは皐月賞で感じたイスラボニータとの差は、セントライト記念の感じでは埋まっていない。しかし、それ以外の馬は封じたように世代での力は最上位に近い。脚質的にも皐月賞や前走のような戦法ならまず大崩れはしないだろう。

この2頭、ワンアンドオンリー1強となるほどの差は無いと感じている。
割って入るなら、春の勢力とは違う馬のような気がする。なかでも前走の神戸新聞杯は脚を余した3着トーホウジャッカルには、秋華賞のタガノエトワールに共通するような勢いを感じる。
なんとなく構図が秋華賞に似ているようだが、まずは各馬のレースを振り返っておさらいしないと…。


それではまた見に来てくださいね。
今日1日、頑張りましょう

Category: 結果

Tag: 競馬    3連単  3連単  3連複  指数  結果  予想  秋華賞  菊花賞 
tb 0 : cm 0   

注目!秋華賞予想 

皆さん、こんばんは

いよいよ今週から有馬記念まで、秋GⅠ連続開催が始まります。
中1週を挟んで10連戦、毎週入金続きなんて事にならないように最初に良い波に乗りたいですね。

では、早速…

10月19日_予想

今週もWIN5対象レースをUPしています。

日曜の注目は、もちろん秋華賞。
2歳戦から活躍してきた組が、春のクラシックも中心になってきた3歳牝馬路線。その中心にいたのはハープスターであることは言うまでもない。しかし、とてつもない末脚を繰り出し、王者ゴールドシップをも倒すほどのハープスターとて、この3歳牝馬路線を圧倒してきたわけではない。

秋華賞の本命としたヌーヴォレコルトは、そのハープスターをオークスで完璧に封じた。勝負どころが安定感抜群で、どのレースでも前に行く馬を射程圏に入れられる位置まで進出してくる。自在性に富み、動かせば即座に反応する。また、前哨戦のように前がポッカリと開くような展開にならずとも怯まず狭いところも割って出てくる太い精神力も兼ね備えている。加えて、一旦先頭に躍り出ればしぶとい脚を使う馬であることも心強い。騎手も秋華賞3勝の岩田騎手となれば鬼に金棒、このメンバーで死角は少ない。2冠に期待して信頼の◎。

オークス馬に迫るとすれば、2歳女王レッドリヴェールと考えている。久々の桜花賞もハープスターの末脚には屈したものの、馬群の中から鋭く伸びてヌーヴォレコルトをも一蹴している。使い減りする馬体は悩ましいところだが、前哨戦は不発だった末脚だが、あの1戦のために力を仕切る競馬はしなしないだろう。あくまでも今走に照準を合わせたと考えれば、最後は6着に追い込む良い脚を使っているし悲観する内容ではない。死角なしと思えるヌーヴォレコルトをも飲みこむ力はもともと持っていると考える1頭であり、逆転もありうる対抗。


オークス馬 Vs 2歳女王の一騎打ちと思っていたのだが、、ローズSを観た時から気になっていた馬が指数8位に入ってきた。指数では過去5レースをベースとしているため前走だけ好走してもそれまでの内容などが相当秀逸でないと指数上位に入るのは困難。まして、春から重賞戦線を渡り歩いてきた馬がズラリと並んでいることを考えると、どれだけの内容を未勝利戦で残したんだろう。不気味な上昇をしてきている惑星タガノエトワールを指数8位ながら▲の扱いとしました。

3歳牝馬路線、どんな結末になるのか注目しましょう。



ところで、土曜日は愛馬ホワイトフリートが東京12Rで休養からの復帰戦。今後のクラス突破に期待の持てる内容の3着!
特に反応の悪さをみせるホワイトフリート「の休み明け初戦としては上々
昨年の同時期に二桁着順つづきだったことを思えば、晩成晩成と言われてきた血が、少しずつでも成長してきている気はするんですよねえ。次が非常に楽しみになりました


それでは、皆さんにとって最高の秋華賞dayとなることを願っています!!

また、遊びに来てくださいね
頑張りましょー

Category: 競馬予想

Tag: 競馬    3連単  3連単  3連複  指数  結果  予想  秋華賞  ホワイトフリート 
tb 0 : cm 0