fc2ブログ
10 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

夢のつづき ~雨のち快晴~

日々の生活雑記&競馬雑記

 

注目!2015菊花賞_GⅠ 

こんばんは。

今週末は京都競馬場で牡馬三冠最終戦の菊花賞が行われますね。
振り返れば、皐月賞を目指した重賞戦線は、強いと思われていた馬がことごとく裏切り、1番人気が勝ったのは牝馬ルージュバックが勝ったきさらぎ賞だけ。大混戦模様で突入した牡馬クラシックでしたが、ふたを開けてみれば覚醒とも思える途轍もない破壊力で二冠を獲ったドゥラメンテの強さだけが印象に残った。
しかし、二冠を制した末脚は皮肉にも諸刃の豪脚となって長期離脱を余儀なくされた。秋を迎えてキタサンブラックがセントライト記念を、神戸新聞杯は夏を境に台頭してきたリアファルが逃げて後続を完封して強さをみせたが、2着はステップレースで臨んだリアルスティールがしっかり格好を付けていて、さほど目新しさは感じない。

この時期の3歳馬は人間でいえば多感な思春期。運動能力・精神面ともに飛躍的に変化してくる時期だからこそ、この舞台で大成してくる馬は強い。マヤノトップガンやマンハッタンカフェ、ヒシミラクルもエピファネイアも菊花賞を制して大きく飛躍した。
今年もなかなかレベルの高い馬が揃いましたね。
どの馬が名馬への扉を開くのか凄く楽しみです。

さて、日曜日はWIN5対象のレースをUPしています。

10月25日_予想


注目の菊花賞。
本命はリアルスティール。ここまでの戦績から世代トップクラスであることは言うまでもなく、ここ数戦の惜敗にしても全てが敗れて強しの内容。皐月賞では完全に1頭抜けだしたところをドゥラメンテに差され、ダービーでは後方待機策が裏目に出て届かなかったが、それでもしっかり差を詰めてきた4着。前走の神戸新聞杯でも逃げ馬に届かなかったが末はしっかりしている。叩き台や軽い怪我明けだったことを考えれば無理する必要も無く、勝ち馬以外は置き去りにしていることからも力が違うのは明らか。
外から豪快に追い込んだドゥラメンテを内から捻じ伏せた共同通信杯。とんでもない強さを観たような感じが鮮明に記憶にある。
2冠馬をライバルと言っていい馬はリアルスティールだけではないだろうか?
福永騎手にはエピファネイアで勝利した時のような積極的な騎乗を切に願う。

対抗はリアファル。
前走時にも記事にしたが、突然の路線変更でこのパフォーマンス。しかもまだ底を見せていない雰囲気もあり末恐ろしい。
ポテンシャルという面ではメンバー中1番ではないか。ただ、どうしても脚質的に目標にされるだろうし、逃げ馬はセイウンスカイを最後に勝っていないというのも気になる。たしかに超強力な逃げ馬は少ないが、コスモバルクやリーチザクラウンなどは当時ノーチャンスでは無かったわけだが、的にされ最後は余力を無くしたレースを観ると楽ではない。
ただ、能力が全く違っていたということはリアファルに関しては有り得る。

他にも気になる馬が多数…
先述したように、前哨戦の結果は春時点と大きく違わないと印象を持ったので、春時点の競馬を振り返り、当時有力視されていた馬も紐に加えて勝負してみたいと思っています。


それでは、皆さんにとって最高の菊花賞になることを願っています。
また見に来てくださいね

Category: 競馬予想

Tag: 競馬    3連単  3連単  3連複  指数  結果  予想  菊花賞 
tb 0 : cm 0   

菊花賞_回顧 

皆さん、こんばんは。

菊花賞の傷が癒えないうちに、もう週中になってしまいました…

トーホウジャッカルはお見事としか言いようが無い最高の勝ちっぷりでしたね。
予想でも書いたとおり、トーホウジャッカルは「炎の十番勝負!~2014・秋~」の申し込み時点では、凄い馬を見つけたくらいの勢いで本命にした馬だったんですがねー
"吉と出るか凶と出るか"… 馬券的には見事に凶と出ましたね。
炎の十番勝負!~2014・秋~的には、あの時点でトーホウジャッカルを指名した人がどれくらいいるのか?吉と出そうな気がしますね。

菊花賞はトーホウジャッカル以外に評価する馬は…
まあ、2着に入ったサウンズオブアースは、良いもの持っている馬ではありますね。
ただし、直線入り口で京都コース特有の内ポケットにスッと入って、スムーズに勝負できたし、騎手のファインプレーも好成績に繋がった。それでも、毎回見せ場十分の競馬が出来ているし、突き抜けるようで突き抜けない頼りなさも成長とともに解消してくれば、いつか大舞台でも主役になる可能性は秘めている。

大穴で狙ったタガノグランパは、何とも惜しい4着。個人的にはせめてあとひとつ順位を上げてくれーって感じですが…
この馬は着順は安定しているのに全く人気が出ないのが良いところ
実力を兼ね備えた大穴馬としてマイネルラクリマのようにいつまでもいて欲しいですねー。
短距離馬と思わせておいて菊花賞でまで惹きつけられてしまう… 確かに良い馬だと思います。
今後も注目しておくべきでしょう。


先週の結果です。

10月25日(土)_結果
10月26日(日)_結果

それにしても土日は、馬券的にもあと1歩。3連系で1頭抜ける馬券ばっかりでした。
このところ、好調期が続いていたから、そろそろ下降の波に入ったんでしょうかね

まあ、調子悪いなと思っても、それほど不調期が尾を引かないのが指数競馬の良い点ですね。
そのうち良い時もありますよって、どっしりしているうちに安定してくるでしょう。


今週は天皇賞秋。 イスラボニータVS古馬勢と言われているようですが、私もイスラボニータは大丈夫だと思っています。
難しいのは古馬勢。ジェンティルドンナ、フェノーメノ、エピファネイアが久々なのが悩ましいですね。
まずは調子の見極めでしょうか?それにしても興味深い面子だなあ。

また、今週は出資馬エリオットベイが新馬デビューです。
11/2東京2000Mですから少々濃い面子が出てきそうですが…ウォッカの仔とか…ロジユニの弟とか…
調教の動きは良さそうだし、まずは無事を祈りつつ、どんな走りをしてくれるのか楽しみにしています。


またまた楽しみな週末になりそうですね

では、また見に来てくださいね


Category: 結果

Tag: 競馬    3連単  3連単  3連複  指数  結果  予想  菊花賞 
tb 0 : cm 0   

注目!菊花賞予想 

皆さん、こんばんは


今週末は京都競馬場で牡馬三冠最終戦の菊花賞が行われますね。 

"菊花賞は強い馬が勝つという"格言があります。
まだ出走馬の中には子供っぽさが見える春のクラシックは、その中でも身体や心が大人びた馬こそが強さを発揮する舞台。
3歳夏の成長時期を経て、心身共に大人になったこの時期の3歳馬は、もう古馬と対峙しても遜色ない風格を兼ね備えるようになっている。

子供の頃から足の速かったやつ。
体の成長とともに徐々に動きが良くなって追いついてきたやつ。
心の成長とともに落ち着きが出てきたり、テンパったり物怖じしたりすることが無くなったことで力を発揮できる様になってくるやつ。
馬も人間と同じですね

個人的にも菊花賞馬は、様々な成長過程の末に菊花賞に駒を進めてきた3歳の精鋭がスタミナとスピード、そして精神力をぶつけ合う頂上決戦の頂点だと思っていて、子供の頃から速かったのは怪物級ですが、ここまでの過程がゆっくり自分のペースで成長して追いついてくる成長の馬ほど古馬になっても大成する可能性が高いんじゃなんて勝手に思っています


さて…
ちょっと前置きが長くなったので…

10月26日_予想

日曜日はWIN5対象レースと、期待の良血馬カシシとアッシュゴールドが登場する東京1R、京都3Rの7鞍をUPします。


注目の菊花賞ですが、本命はワンアンドオンリー。皐月賞前はラジオNIKKEI杯2歳S馬でありながら、安定感が今一つで人気も出ないタイプの馬でした。しかし弥生賞で、破竹の連勝中だったトゥザワールドを追い詰めた末脚は、勝負には負けたが、強さをアピールするには十分な鬼脚。皐月賞では4着と目立たない感じではあるが、最後方からの凄い伸び方をしている。ただし、皐月賞時点で、ワンアンドオンリーの最後方待機策ではイスラボニータを逆転するイメージは湧かなかったのだが…
日本ダービーはスタートも良かったが、それよりも驚いたのは、ぶっつけ本番でイスラボニータと同じ競馬をやって、堂々と皐月賞馬を退けた内容にある。追いこみ一辺倒なら大成しないとハープスターでも書いたが、ワンアンドオンリーは一介の追い込み馬ではない。ペースやコースの有利不利によっては何処からでも対応できる器用さがあると認識した。加えて、前哨戦の神戸新聞杯で見せた早めのマクリから早めの先頭。大体は凄い勢いで外から来たサウンズオブアース、トーホウジャッカルに抜かれるパターン。一旦はサウンズオブアースに抜かれたように見えるが、そこから出した二の脚と勝負根性は体も心も、菊花賞を迎えて本物に近づいているような感じ。ゆっくりと成熟して菊花賞で花開き、古馬になってからも大成するような過去の名馬に近い気がする。


対抗はトゥザワールド。セントライト記念の回顧ではイスラボニータと皐月賞で感じた差は縮まっていないと書いたが否定はしない。ダービーはトゥザワールドのベストでは無い乗り方をしているなかで、さすがの安定感。内容は度外視しているが高い評価は付けても良いのでは。
目標とされ厳しい競馬をしているのはワンアンドオンリーよりもトゥザワールドだろう。それでもイスラボニータにしか差されていないのだからこの馬も強いのは間違いない。ワンアンドオンリーとの◎〇の差は世代で一番強いと思っているイスラボニータとに勝っているかどうかと前哨戦の菊花賞成績だけのこと。逆転目も十分ある対抗。


指数3位となったのはタガノグランパ。ちょっと驚いたが何となく納得してしまった。シンザン記念ではミッキーアイルとウインフルブルームの一騎打ちを猛然と追い込み3着。アーリントンCではミッキーアイルの2着と安定している。その後、ファルコンSを制したこと、果敢に挑戦した皐月賞を惨敗したことで短距離~マイルの馬と思われていたが、ダービーではワンアンドオンリーと同じような位置から4着。前走のセントライト記念ではイスラボニータよりも早い上がりでトゥザワールドに迫る3着を確保。土曜日に富士Sを勝ったステファノスを退けたのだから価値はある。大敗した2戦、ラジオNIKKEI杯2歳Sと皐月賞を振り返ってみれば、ラジオNIKKEI杯はゲートのタイミングで出遅れ、皐月賞ではスタート直後に外から寄られて挟まれている。ともに脚質に合わない競馬となったレースだ。いつも通りの競馬をするだけで大穴になりうる力はある。


炎の十番勝負!~2014・秋~では菊花賞の指名馬としたトーホウジャッカル。指数上では6位だった…
先週のタガノエトワールとカブるし…前走の内容は不利なければ突き抜けた手応えに感じられ、同じように繰り上げて上位にとも考えたが、未勝利1戦とローズSの内容だけで指数を跳ね上げたタガノに対し、500万、1000万を走っての前哨戦だったトーホウジャッカル。同じように人気にもなっているが今回は様子見。抑えまでとした。吉と出るか凶と出るか…


どんな菊花賞になるか、どの馬が最後の1冠を手にするのか。
楽しみですねー^^


それでは、皆さんにとって最高の菊花賞であることを願っています。

また見に来てくださいね

Category: 競馬予想

Tag: 競馬    3連単  3連単  3連複  指数  結果  予想  菊花賞 
tb 0 : cm 4   

秋華賞_回顧 

皆さん、こんばんは。

断然の1番人気に支持されたオークス馬◎ヌーヴォレコルト。前哨戦のローズSでも貫録と成長を見せつけていたし、ハープスター以外には負けて欲しくなかった7のですが…

10月18日(土)_結果
10月19日(日)_結果

◎ヌーヴォレコルトのスタートは悪くない。大逃げ宣言をしていたマイネグレヴィルをスッと抜き去ってペイシャフェリスが先頭で引っ張る展開。直後に7頭ほどの集団が追走する。中段を進む第2グループの先頭からショウナンパンドラ、タガノエトワール、そしてヌーヴォレコルトが連なって機をうかがっている。3,4コーナー中間あたりでショウナンパンドラ、タガノエトワールが先に動き出す。ヌーヴォレコルトも内を突いて徐々に前へ。しかし、直線に向くところで進路を外に変えようとした際にロスが響いたか。ヌーヴォレコルトの脇を抜群の手応えで加速していったタガノ、内をロス無く走ったショウナンとは差が開いてしまった。それでも簡単に負けないのところはさすがオークス馬。エンジンに火が点くと一気にタガノは抜き去りショウナンパンドラに迫るが、クビまで追い詰めたところがゴール板。スムーズな展開なら突き抜けたかと思う勢いでしたが…
とはいえ、強い馬だという確認は出来たレースだったと思います。もし、エリ女に出てきたら有力な1頭であることは間違いないでしょうね。

勝ったショウナンパンドラは、春は人気先行型で、まあまあキレる末脚が頼みというイメージだったが、夏を境に力を付けて、ついにはGⅠタイトルを掴むまで成長した。今回の秋華賞では勝負どころを逃さずインに潜り込むと、通り道がポッカリと開いたように見えた。運もあるが、勝負どころで反応良く動けることが、他馬に進路を邪魔されたりモタモタしてブレーキが掛かったりしない、ショウナンパンドラの強みなのでしょう。まだこの先も良くなってきそうな雰囲気あるし、マイル~中距離で相当やれそうなきがする馬です。岩田騎手もこの馬には負けたくなかったでしょうね

3着のタガノエトワールは、予想でも書いたようにハンパ無い上昇度カーブを描いている。今回も勝負どころでの反応の良さは秀逸だったし、センスの良さを感じさせる。しかし、直線の攻防では一足後れをとったヌーヴォレコルトには差されている訳だし、今後さらにもう一皮剥けると古馬との対決、また重賞戦線においても常に上位を狙える存在になれそうな気がします。

ハープスターがいたらとか言っても仕方のないことですが、いつか成長した3頭のクラシックホースが相まみえるのが楽しみですね。


さて、今週は牡馬クラシック菊花賞が行われます。いまのところワンアンドオンリーが抜けて人気しそうな感じですね。続くのはトゥザワールドでしょうか。前哨戦の神戸新聞杯を辛勝とみるか底力をとるか微妙ですが、勝ちにいって負けなかったことはさすがと評価したいですね。
一方のトゥザワールドは皐月賞で感じたイスラボニータとの差は、セントライト記念の感じでは埋まっていない。しかし、それ以外の馬は封じたように世代での力は最上位に近い。脚質的にも皐月賞や前走のような戦法ならまず大崩れはしないだろう。

この2頭、ワンアンドオンリー1強となるほどの差は無いと感じている。
割って入るなら、春の勢力とは違う馬のような気がする。なかでも前走の神戸新聞杯は脚を余した3着トーホウジャッカルには、秋華賞のタガノエトワールに共通するような勢いを感じる。
なんとなく構図が秋華賞に似ているようだが、まずは各馬のレースを振り返っておさらいしないと…。


それではまた見に来てくださいね。
今日1日、頑張りましょう

Category: 結果

Tag: 競馬    3連単  3連単  3連複  指数  結果  予想  秋華賞  菊花賞 
tb 0 : cm 0