FC2ブログ
06 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

夢のつづき ~雨のち快晴~

日々の生活雑記&競馬雑記

 

世界への挑戦_凱旋門賞 

皆さん こんばんは

新潟遠征から戻ってきました。
12年ぶりのGⅠでしたが、生憎の雨模様。せっかくならもう少し好条件での勝負を見たかったですがね
それでも、

土日の結果は、データ入り次第UPしますね。

今夜は待ちに待った世界最高峰レースが行われます。
現時点での日本競馬トップ3といっても過言でない実力馬ですから、いよいよ悲願達成の瞬間を見れそうな期待感でいっぱいです。東京・京都・新潟の3場ではパブリックビューイングが行われるんでしたね。新潟競馬場は応援グッズも盛大に売り出されていて、スプリンターズS開催と合わせて凄い賑わいでしたよ。

凱旋門賞といえば、日本馬が勝利する夢すら程遠かった時代がありました。時を経た1999年、夢の扉を開けかけたのがエルコンドルパサーでした。その後、マンハッタンカフェ、タップダンスシチー、ディープインパクト、メイショウサムソンが扉を開けに渡仏するも、これだけの名馬をもってしても掲示板すら拾えなかったのだから、外国馬が強いのか、日本馬が合わないレースなのか… しかし、この5年くらいで様相は変わってきている気がする。2010ナカヤマフェスタ、2012・2013オルフェーブルとキズナ。オルフェーブルが強いのは知ってのとおりだが、ジャスタウェイやジャンティルドンナなどの海外GⅠでの活躍からも、確実に日本馬が世界との力を埋めつつある…というか、もう差なんて無いかと。

今年の凱旋門賞は、断然といえる有力な馬が不在。昨年、オルフェーブルを倒したトレヴも前哨戦で4着。調子が悪いといわれても掲示板圏内にはきているし戻っていないことを願う。一時、有力候補だったシザームーンの引退と日本馬には追い風ではあるが、ただ気になる馬もいる。前哨戦を怪我明けで快勝したエクトは2戦目から6連勝してクラシック候補と言われた馬。凱旋門賞は欧州勢、特に地元フランス馬の活躍が目立つうえに3歳馬に有利なレース。前走の内容も実にシブとそうで怖い1頭。
同じくフランス、こちらは3歳牝馬のアヴニールセルタンも距離さえこなせれば、力的には十分戦えるといわれている。デビューから6戦全勝で1000ギニー、仏オークスの二冠を制しているし、ここ3年の勝ち馬は牝馬だけに警戒が必要かもしれませんね…

もちろん、先述したトレヴや英ダービー馬ルーラーオブザワールド、シーザムーンを3馬身ちぎったアイヴァンホーなど、混戦とは思っていましたが、そうそう甘くはないメンバーが揃いましたね。

さて…
日本馬はといえば、メディア情報からは3頭ともに絶好調のようですね。
良馬場でのレースとなりそうと記事もありますし、ビックチャンスを是が非でも掴んで欲しいですね。

ジャスタウェイは、本格化というのか、覚醒というか、まるで別馬のように変貌を遂げ、今や世界のトップホースともいえる馬になってしまいました。あんなに勝ち身に遅かったなんて思えないですね。ドバイでは世界を相手に一方的な圧勝劇。完全に負けた態勢から差し返した安田記念。ぶっつけでの出走も今のジャスタウェイにしたらちょうど良いハンデかもしれません。ここを勝ったら完全に伝説の馬になりますねえ

ゴールドシップは、出走する3頭に入っても、これまでの競馬ぶりからも、いったいどこまでポテンシャルがあるのか分からない。気力さえ十分ならどこまで強いかと思わせる馬。前走の札幌記念もそうだったし、出遅れて追っ付通しでも差し切った有馬記念もハラハラさせてくれる同馬ですが、なんか憎めない好きな1頭。まさか、ここで同門のジャスタウェイと対決というのも興味ありますねえ。ロンシャンのタフな馬場こそこの馬の真価を発揮できる舞台ですし、最高のパートナーを背に世界一の称号を勝ち取って欲しいですねえ。

ハープスターは、前走でゴールドシップの猛追をも物ともせず古馬勢を打ち破った。誰が見ても、あの末脚は世界の舞台でも驚愕するものでしょう。これまで凱旋門賞での3歳牝馬の強さが話題になることもあったが、日本からは初めての出走となる。しかも、今年のクラシックを見れば、凱旋門賞に挑戦する資格ということでもハープスター以外に考えられないでしょう。4歳以上の牡馬とは5キロものハンデ差があるのにあの競馬ぶりですからね。今年は最大のチャンスでしょうし、この馬が他馬を纏めて差し切っても不思議ではないですね。


たとえ凱旋門賞でなくても、この3頭が激突するというだけで凄いですよね。それを凱旋門賞でというのですから、本当に贅沢ですね。
もう間もなく出走になりますが、是非3頭とも自身の最高の競馬をして来て欲しいですね。
そして、これまでの名馬たちが見れなかった最高峰のタイトルを日本に持ち帰って欲しいですね。
楽しみに応援しています。


それでは、また見に来てくださいね

Category: 競馬雑記

tb 0 : cm 0   

勝負師_佐藤哲三騎手の引退 

皆さん、こんばんは。

再起をかけてリハビリしていた佐藤哲三騎手が引退を表明しました。
12年11月24日、京都競馬で直線に向いた直後にバランスを崩し落馬。落ちた際に内柵の柱に激突した。GCで観戦していても、柵にぶつかった一瞬で"これはヤバイ…"と感じとれた、今でも思い出せるほど衝撃的な事故でした…

全身に日常生活さえ危ぶまれるほどの大怪我を負った大事故から2年。6回の大手術と連日のリハビリで復帰へ壮絶な努力を続けてきたが、医師からは再び騎乗できるまでに体が回復するのは難しいと告げられた。


個人的に競馬での佐藤哲三騎手は真の勝負師、無印にした時のなんともいえない不気味さでしょうか?
1頭だけインを突いたり大逃げしたり、チャンスと見るやどんどん攻め姿勢の騎乗をしてくる騎手というイメージですかね。
特に相手が強者であるほど大胆な戦法をとってくる。自分が乗ったからにはどんな強者がいても尻込みせず、馬の力を最大限引き出そうと考えながら一発を窺っているというのが私的な印象ですね。
以前にインタビューで熱くなってしまったことで、寡黙でぶっきらぼうな印象を持たれがちですが、GCの番組に出演した時や今回の引退発表での言葉も穏やかで丁寧な受け応えで、いかに厳しい姿勢で勝負していたのかが感じ取れます。

個人的に過去の馬のなかでも好きな馬TOP10くらいに入るであろうアーネストリー。哲三騎手との完璧な宝塚記念は最高でしたね。馬券もブエナビスタとの1点勝負でしたから^^
タップダンスシチー、エスポワールシチーを始め、マイネルマックスやラガーレグルス、インティライミ、そして現役のキズナなど記憶にも残る馬達は、デビュー当初から哲三騎手が主戦として育ててきた成果であって、これこそが最大の哲三騎手の持ち味。

最近は、馬を育てる騎手は少なくなったと思っているなか、また個性溢れる乗り役が引退するのは非常に残念でならないが、ファンを大事にする佐藤哲三騎手の決断だからこそ苦渋の選択だったと思います。
会見では、「ファンと一緒に競馬場やWINSで馬券を買ったり…」と話していました。それも楽しみですが、いつかは馬を育てる佐藤哲三調教師が見たいなあと思います。
26年間、お疲れ様でした。

明日からは週末予想ですね
また見に来てくださいね

Category: 競馬雑記

Tag: 競馬    3連単  3連単  3連複  指数  結果  予想  佐藤哲三 
tb 0 : cm 2   

8月16日の競馬 

皆さん、おはようございます

先週は台風、今週末も天気は下り坂のようですね。
今日は地元の花火大会も予定されていて毎年大勢の人が出るのですが、
なんとか綺麗な花火が見たいなあと思っているところであります。


さて…
競馬も秋の大勝負に向けて主要な馬達が始動し始めていますね。

今週の関屋記念もGⅡ・Ⅲクラス上位のなかなかのメンバーが集結していますし、春のGⅠでも見せ場十分だった馬も出走してきます。ただでさえ混戦模様なのに馬場まで荒れなければよいのですがね

また、2歳戦も徐々に活気を帯びてきています。
これまでの2歳戦、私的にはまだオッと思う馬は出ていない印象ですね。
今日もフェニックス賞やコスモス賞など2歳OPが行われますが、後々も期待できそうな馬が出てくるかな?
まあ、まだ静観の域ということで…


今日もこれから集まりで夕方まで拘束される予定です…
土日とも競馬をしないことは無いので、明日はバッチリ予想しますが今日はお休みしますね…

まったく、のんびりと競馬も出来ない今夏ですが、8月が終われば忙しさも大分落ち着くはず…

来週は札幌記念現地観戦を予定してますので、テンション上げて行かないとなあ…


それでは、皆さんの健闘をお祈りしています。
また見に来てくださいね

Category: 競馬雑記

tb 0 : cm 0   

8月2日_競馬予想は… 

皆さん、こんばんは

しばらく忙しない日が続いているのですが、それもこの土日のイベントに向けた準備が主だったこともあり、あとは少しの準備と本番を迎えるだけ。
ようやく少し平穏な日常が戻りそうだなあと思っています。

…ということで、土曜日の予想については今週はお休みさせていただきます。

日曜日は、少し遅い時間になる可能性ありますが、予想をUPする予定です。
頑張れメールを送ってくださった皆さん、この場を借りてお礼申し上げます(本当にパワーになります!)


それでは、土曜競馬を楽しんでくださいね。
皆さんにとって、最高の1日になることを願っています。

また見に来てくださいね





Category: 競馬雑記

tb 0 : cm 0   

超良血の惨敗 

皆さん、こんにちは

先日のブログ記事でも書いたように、時期的にもいろんな役割が重なったことに暑さも相まって、目が廻るようなヘトヘトな日々が続いています…
でもそれも本番は1週間後、ようやく少しは楽になれるかなぁ早く解放感いっぱいで旨い飲みたいですなあ


さて…
今日一番で注目していた中京5R新馬戦。もちろんオルフェーブルの全弟アッシュゴールドがどんな勝ち方をするか注目していたのですが、伸びかけたところで進路が無くなったのは痛かったですね。身体的にも、まだこれからという感じもしますし、直線で進路をなくしてロスしてからズルズルとはならずにゴールできたのは能力の一端を見せたんじゃないかと。
以前から書いているように、この時期の2歳馬は完成度の差が顕著に出るし、いずれ成長とともに頭角を現してくるんじゃないかと思っています。時間が無くて、馬券を買えなかったことはラッキーでしたがこれからも応援していきます。



なかなか予想する時間も取れず、今日の予想はお休みいたしますが、日曜日はいつもどおりUPしますので、
是非、覗きにきてくださいね。


それでは、皆さんにとって良い1日になることを願っています

Category: 競馬雑記

tb 0 : cm 0